途中からの方はこちらからどうぞ❕
『ボロボロの子猫①』

ユウの異変

その日、残業を終え仕事から帰ってくると、ツマが深刻な顔をしていました。
「ユウちゃんおしっこ出なくなっちゃった!」
「どういうこと?」
詳しく話を聞きました。

丸一日おしっこが出ていない。何度も何度も頻繁にトイレに行くのに、全くおしっこが出てこない。食欲もなくなり水も飲まなくなって、今はぐったりしている。
「尿毒症かもしれない!」


尿毒症とは…
腎臓が悪くなり、毒が全身を回って、ついには死に至る恐ろしい病気です。
通常、腎臓の働きによって体の中の毒(老廃物等)が尿中に排出されます。腎臓が毒をろ過してくれるんですね。
この機能が何らかの原因で働かなくなると、毒は排泄されなくなり、行き場をなくし、血液とともに全身を巡ります。本来排泄されるべき毒ですから、これが全身を回るということは、体にとって大ダメージです。最悪の場合、早急に対処しないと死に至ります。


初めての夜間病院
かかりつけの病院はすでに閉まっています。ダメ元で電話してみると、自動音声が流れ、夜間病院を教えてくれました。どうやら近隣の病院と連携して、当番制で夜間診察を行っているようです。その日の当番の病院は、行ったことのない病院でした。どんな先生なのか不安でした。が、そんなこと言ってられません。ツマとユウを連れて、初めての夜間病院に向かいました。


夜間病院1
夜間病院2
夜間病院3
夜間病院4

このあと、セガール先生の診察が始まります。

次に続きます。


\ポチッとしてくれると励みになります❕/
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

猫漫画ランキング